アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
【生インド世界遺産】
ブログ紹介
いのち犇くインド世界ガイド…
漢字の「ひしめく」は、3つの牛から構成されている。
この牛…って、きっとインド牛なんだろうな、と思う。

インド世界には、あらゆる「生命=いのち」が犇いている。
それらは「輪廻愛」によってもちつもたれつ…
時空を超えて犇いている。

いつの日か、太陽がその寿命を終え、
地球が滅び去るとき、
いのちの「壮大な実験場」…インド世界は、
きっと、この宇宙の「遺産」そのものになるかもしれない。

「生インド世界」へようこそ。
(Copyright) 1999. India Exploration


help RSS

ゆうこ@カタラタスさんの夢をかなえるゾウ(^^♪

2010/01/02 01:36
水野 敬也さんの著作「夢をかなえるゾウ」は、インドの神様ガネーシャ神をモチーフにしたベストセラー本ですね。
夢をかなえるゾウ
飛鳥新社
水野 敬也

ユーザレビュー:
あなたの人生何をやり ...
読み物としてはおもし ...
古い内容を新しく表現 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この本の内容がわかる動画もYouTubeにあるし、



よみうりテレビが放送するドラマにもなりました。

ガネーシャ神は、チャレンジ=事始の神様でもあり、新しい年にぴったりのキャラです。

今、現在進行形で、夢をかなえようとチャレンジしている女子(にょし)がいます。
僕の先輩の娘さん…ゆうこ@カタラタスさんが、
カラメル主宰の世界一周雑貨バイヤー募集企画にチャレンジしています。

できたら、彼女の夢を応援してあげてくださいね。
一般投票です!こちらのページでクリックしてくれたら感謝感激でありまする。
応援してください!


画像


今宵も月齢16.2の大きな居待月が煌々と輝いています。

どうか、月の国からの使者ガネーシャ神のご加護がありますように

経 麻菜(ケイ・アーサナ) 記

ゆうこ@カタラタスさんのブログ

楽天

アメーバ

JUGEM

世界のビールバー「カタラタス」のHP
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


謹賀新年2010!

2010/01/02 01:29
皆さん、あけましておめでとうございます。

実に美しい満月が煌々と寒空に輝いています。
元旦に満月なんて、なかなか珍しい…しかも部分月食が観測できたそうです。
こよみのページによると、本影食始が3:53、本影食終が4:53…
未明の初詣に出かけた方は、観られたかもしれませんね。

インドは月の国といわれています。
月は「陰」であり、「女性」を象徴しています。

画像

今年の年賀状の絵は、
聖牛ナンディに乗ったシヴァ神と
虎に跨ったドゥルガー女神が並んで描かれています。
昨年の干支=牛から今年の干支=虎にシフトしていく様子をこの絵に託しました。
シヴァ神の神妃ドゥルガー女神は、
いつもは恐ろしい女神なのですが、
この絵は、すごく平和的で仲むつまじい夫婦の姿ですね。

不況の日本ですが、
今年こそ、ほのぼのとした母性的な良い年になって欲しいです。

そして、このブログも
今年こそ、しょぼい更新状態を脱して、
煌々と輝く賑やかなブログに成長できたらと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

経 麻菜(ケイ・アーサナ) 記
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ツイッター(Twitter)との連携…設定しました

2009/11/22 00:28
2009年11月5日(木)より、
ウェブリブログの記事を作成した際に、
「Twitter」へ投稿することが出来るようになったようです。

自分が登録しているTwitterをウェブリブログで設定すると、
このブログを更新した際に、
自動的にブログのタイトルとURLがTwitterに投稿されるみたいなので、
さっそく、やってみますね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インドの吉祥紋様コーラムのデザイン集…「KOLAM ART」

2009/11/09 06:12
今年の7月からサービスが始まったデジブックで
インドの吉祥紋様コーラムのデザイン集…「KOLAM ART」を創ってみました。

どうぞ、ご覧ください。コメントはこちらへ。



まだ、つくりたてなので、初校状態です…
少しずつ画像を増やして充実していきたいと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「はらわた」への旅立ち1

2008/12/18 01:58
この画像はいったい何だと思いますか?

画像


一見して、
どんなイメージが浮かびますか?

深い暗闇の裡で…

ぬめり…ドロドロ…ねばねば…
えもいわれぬ、ねっとりとした融解感…

溶かされて、融かされて…

「実体」が…
次第に
「幽体」に変化するような躍動感…

その変化(へんげ)の過程において、
吸収されてゆくもの…

それは、
生命の源…を担う…「素」のエネルギー。

僕は…

この画像から、

人体の「胃袋(はらわた)」を想起します。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル画像について

2008/11/25 07:19
ブログのトップページにある画像は、
2000年11月に描いた聖地ベナレスのパノラマ画の一部分です。

左手に聖なるガンジス河が、手前の方向にゆっくりと流れています。
対岸はなにもない砂地ですが、右側にはベナレス市街が広がって、
川岸にはたくさんのガート=沐浴場が連なっています。

船=ボートがたくさん浮かんでいるあたりが、メイン・ガート…
ダシャーシュワメードDasashwamedh Ghatです。
早朝からたくさんの人々が沐浴する光景は、
インドの代名詞的な映像ですよね。


このブログでは、
まずは、聖地ベナレスの紹介から始めたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

【生インド世界遺産】/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]